ソーシャルレンディングの仕組みとメリット・デメリットについて現役コンサルタントが解説!

ソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングは、一言で言えば、

  • 投資機会を求める個人
  • 資金調達ニーズのある企業

をインターネット上で結びつける仕組みです。

クラウドファンディングには、

  • 寄付型クラウドファンディング
  • 購入型クラウドファンディング
  • 貸付型クラウドファンディング
  • ファンド型クラウドファンディング
  • 株式型クラウドファンディング

等の種類がありますが、ソーシャルレンディングはこの中の「貸付型クラウドファンディング」のことを指します。

ソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングのメリットについては、以下の通り。

事業者側のメリット

銀行から融資を受けられない場合でも、ソーシャルレンディングなら融資を得ることができる可能性があります。

投資家側のメリット

1万円程度の最低投資金額で、高い利回りを得ることができます。銀行に預金していても、「雀の涙」程度の利回りしか得られませんが、ソーシャルレンディング案件に投資すれば、場合によっては、10%程度の利回りを得ることができます。

ソーシャルレンディングのデメリット

ソーシャルレンディングのデメリットについては以下の通りです。

事業者側のデメリット

金利が高いため、その分だけコストがかかってしまいます。3年程度の融資期間の案件おありますので、その分だけ貸し倒れリスクは高まります。

※ これまでのところ、事業者のソーシャルレンディングによる貸し倒れは発生していません。

投資家側のデメリット

投資先の貸し倒れリスクがあり、「元本保証」がないことが挙げられます。

また、貸金業法の規制により、具体的な社名が伏せられていることが挙げられます。

情報開示がかなり限られている状態ですので、投資を行うに際しては、信頼のおけるソーシャルレンディング業者を選ぶことが何よりも重要となります。

最後に

ソーシャルレンディングは、画期的な資金調達の仕組みであり、数多くのメリットがある一方、上記のようなデメリットも存在します。

投資を行う際には、これらを考慮した上で信頼のおけるソーシャルレンディング業者を選ぶことが重要です。おすすめのソーシャルレンディング業者については、以下の記事「ソーシャルレンディングのおすすめ比較ランキング!評判・口コミをコンサル目線で徹底調査!」をご覧下さい。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ソーシャルレンディングは怪しいのか?詐欺なのか?胡散臭いのか?コンサル目線で徹底...